オスグット病
 オスグット・シュラッター病は成長が盛んな小児期にスポーツ活動などによって膝蓋靭帯の付着部である脛骨粗面に腫れや痛みを生じる疾患です。10歳〜15歳の男子に多く、バレーボール・バスケットボール・陸上競技などの選手によく認められます。
 原因は膝伸展機構の使い過ぎによって膝蓋靭帯に異常な張力が働き、骨端線(成長線)が損傷されて起こるものと考えられています。膝伸展機構とは、膝を伸ばす時に使われる筋肉や腱、靭帯を言い、「大腿四頭筋」−「大腿四頭筋腱」−「膝蓋骨」−「膝蓋靭帯」−「脛骨粗面」より構成されます。
 症状は脛骨粗面の脹れや運動時の痛みです。進行すると、歩行時や安静時にも痛みを訴えます。
 急性期は痛みの基本的治療(RICE)に則り、スポーツ活動の軽減・一時中止を指示します。急性期を過ぎると、リハビリテーションとして温熱療法、大腿四頭筋のストレッチング、筋力強化訓練を指導します。症状が改善すれば、徐々にスポーツ活動を再開します。症状に応じてオスグットサポーターを着用したり、テーピングをしたりします。スポーツ終了時には必ずRICE処置や各種のストレッチングを行うように指導します。

RICEとは?

 RICE(ライス)処置とは外傷(打撲、捻挫、肉離れなど)の直後に行われる重要な急性期の治療です。
★詳しい説明はこちら

まる福整骨院より症例の説明
ここでは、本院に来られる患者さんに見られる典型的な症例を説明しています。セルフチェックや問診の際にお役立てください。

足関節捻挫 / インピンジメント症候群 / オスグット病 / 胸郭出口症候群 / 腱鞘炎 / 腱板損傷 / 五十肩(肩関節周囲炎) / 上腕骨外側上顆炎 / 肘内障 / 半月板損傷 / ヘバーデン結節・ブシャール結節 / 変形性膝関節症 / むちうち / 腰部ヘルニア


まる福整骨院の症状セルフチェック

来院の目安となります。問診の際にも役立ちますので、ぜひチェックしてください。>>クリック!


まる福整骨院の受付時間


急患はこの限りではありません。試合当日のテーピングなどについてもお問い合わせ下さい。
その他、学会やセミナー出席のため、臨時休診することがあります。HPや院内のお知らせをご覧ください。
アクセス
兵庫県明石市大久保町大窪1521-1
『餃子の王将』さん斜め向かいまる福整骨院アクセスマップ
Googleマップ
神姫バス 大窪宮前下車すぐ
神姫バスサイト
乗車バス停『大久保駅』降車バス停『大窪宮前』を入力してください


美容整体

小顔整体

交通事故後遺症でお悩みの方


正面入口です。お気軽にお入りください。

良い治療院をみんなで探そう!腰痛クチコミバンク
良質な治療家を探すためのサイトです。おかげ様でまる福整骨院は兵庫県でトップです