五十肩(肩関節周囲炎)
 『五十肩(肩関節周囲炎)』とは明らかな原因は不明ですが、肩関節の痛みが出現し、次第に痛みが増強して、やがて拘縮(こうしゅく・骨以外の組織が固まって関節の動きが悪くなる状態)を生じ、肩の機能障害をもたらす疾患です。40〜60歳代によく認められることから、退行変性(老化現象)を基盤に、軽微な外傷や血行障害が加わって腱・関節包・滑液包などの軟部組織に炎症・癒着を引き起こし、肩関節の疼痛や拘縮をもたらすものと考えられています。
 初期には肩の痛みや運動制限が現れます。特に、結髪・結帯動作(髪を結う・帯を結ぶ動作)や外転(腕を横に上げる動作)が制限され、次第に前方挙上(万歳する動作)が困難となります。ひどくなるとじっとしていてもズキズキ痛んだり、夜中の痛みで目を覚ます方もおられます。診断は問診に注意を払い、骨・関節に異常がないことを確認し、肩の痛みを伴う運動制限を認めれば確定します。同様な症状を訴える疾患として腱板損傷などもありますので鑑別(見極め)には注意を要します。
 急性期は痛みの基本的治療(RICE)に則り、安静・固定を指示します。急性期を過ぎると、リハビリテーションとして温熱療法、関節可動域改善訓練、ストレッチング、筋力強化訓練、肩の体操(コッドマン体操)を指導します。
 「五十肩は、放っておけばいつの間にか治る」と考えられておられる方もあるようです。確かにそのような方もおられますが、適切な処置を受けず放置したために、治るまでに時間を要し、日常生活・趣味・スポーツに多大な悪影響を及ぼした症例や後遺症(肩が固まって機能障害を残したまま回復しない状態)を認めた症例もよく経験します。やはり、早期診断・早期治療が大切です。

RICEとは?

 RICE(ライス)処置とは外傷(打撲、捻挫、肉離れなど)の直後に行われる重要な急性期の治療です。
★詳しい説明はこちら

まる福整骨院より症例の説明
ここでは、本院に来られる患者さんに見られる典型的な症例を説明しています。セルフチェックや問診の際にお役立てください。

足関節捻挫 / インピンジメント症候群 / オスグット病 / 胸郭出口症候群 / 腱鞘炎 / 腱板損傷 / 五十肩(肩関節周囲炎) / 上腕骨外側上顆炎 / 肘内障 / 半月板損傷 / ヘバーデン結節・ブシャール結節 / 変形性膝関節症 / むちうち / 腰部ヘルニア


まる福整骨院の症状セルフチェック

来院の目安となります。問診の際にも役立ちますので、ぜひチェックしてください。>>クリック!


まる福整骨院の受付時間


急患はこの限りではありません。試合当日のテーピングなどについてもお問い合わせ下さい。
その他、学会やセミナー出席のため、臨時休診することがあります。HPや院内のお知らせをご覧ください。

アクセス
兵庫県明石市大久保町大窪1521-1
『餃子の王将』さん斜め向かいまる福整骨院アクセスマップ
Googleマップ
神姫バス 大窪宮前下車すぐ
神姫バスサイト
乗車バス停『大久保駅』降車バス停『大窪宮前』を入力してください


美容整体

小顔整体

交通事故後遺症でお悩みの方


正面入口です。お気軽にお入りください。

良い治療院をみんなで探そう!腰痛クチコミバンク
良質な治療家を探すためのサイトです。おかげ様でまる福整骨院は兵庫県でトップです