腰部ヘルニア
 腰椎椎間板ヘルニアとは、背骨と背骨の間のクッション(椎間板)が後方へ押し出され、脊髄神経が通る脊柱管内に飛び出た状態を言います。20〜40歳代の男性に多く、加齢的な変化に加え、軽微な外傷(捻挫や打撲など)・長時間の同じ姿勢での作業・スポーツ傷害などが原因となって発生します。好発部位(起こり易い部位)は第4−5腰椎間と第5腰椎−第1仙椎間の椎間板です。
 症状は、ヘルニアが飛び出ているだけなら何もありません。しかし、ヘルニアが炎症を起こし神経を圧迫すると、腰痛・足先にビリッと走る痛み・シビレなどの状態(いわゆる坐骨神経痛)が出現します。さらに進行すると、運動麻痺(足に力が入らなくなる)・直腸膀胱障害(尿や便の排出に異常を来たす状態)などが出現します。
 診察ではSLRテスト陽性(仰向けの状態で膝を伸ばして足を持ち上げると痛みのために足を上げられない)・知覚障害・筋力低下などを認めます。レントゲンでの診断は難しく、確定診断にはMRIなどが必要となります。
 急性期は痛みの基本的治療(RICE)に則り、安静・固定を指示します。急性期を過ぎると、リハビリテーションとして温熱療法、ストレッチング、腹筋・背筋の強化訓練を指導します。また日常生活動作の注意点を指導し、活動時には装具療法としてコルセットを着用します。これらの保存的治療で改善されない症例や、運動麻痺・直腸膀胱障害が出現した場合には、整形外科の受診を勧め、手術的治療を検討します。

RICEとは?

 RICE(ライス)処置とは外傷(打撲、捻挫、肉離れなど)の直後に行われる重要な急性期の治療です。
★詳しい説明はこちら

まる福整骨院より症例の説明
ここでは、本院に来られる患者さんに見られる典型的な症例を説明しています。セルフチェックや問診の際にお役立てください。

足関節捻挫 / インピンジメント症候群 / オスグット病 / 胸郭出口症候群 / 腱鞘炎 / 腱板損傷 / 五十肩(肩関節周囲炎) / 上腕骨外側上顆炎 / 肘内障 / 半月板損傷 / ヘバーデン結節・ブシャール結節 / 変形性膝関節症 / むちうち / 腰部ヘルニア


まる福整骨院の症状セルフチェック

来院の目安となります。問診の際にも役立ちますので、ぜひチェックしてください。>>クリック!


まる福整骨院の受付時間


急患はこの限りではありません。試合当日のテーピングなどについてもお問い合わせ下さい。
その他、学会やセミナー出席のため、臨時休診することがあります。HPや院内のお知らせをご覧ください。

アクセス
兵庫県明石市大久保町大窪1521-1
『餃子の王将』さん斜め向かいまる福整骨院アクセスマップ
Googleマップ
神姫バス 大窪宮前下車すぐ
神姫バスサイト
乗車バス停『大久保駅』降車バス停『大窪宮前』を入力してください


美容整体

小顔整体

交通事故後遺症でお悩みの方


正面入口です。お気軽にお入りください。

良い治療院をみんなで探そう!腰痛クチコミバンク
良質な治療家を探すためのサイトです。おかげ様でまる福整骨院は兵庫県でトップです